Yamada Kosaku の Page
 の Page
hgpゴシック

2010.9.17

(本阿弥光悦の茶碗の説明です)

諏訪湖がきれいに見えるサンリツ美術館

安曇野の碌山美術館に行ってきました。
ロダンの考える人に感動して彫刻に転じ30歳という若さで夭逝した天才荻原守衛の作品を展示しています。
「抗夫」「デスペア(絶望)」などお馴染みの作品が確固たる力強さとともにそこにあります。
皆で建てた碌山館が優しく守っています。
(自前の吉永小百合さんがお供してくれました。)


サンリツ服部美術館に国宝の茶碗(「不二山」を拝見しに行きました。
手で作られた茶碗をヘラを使って削りだしたものだそうでその削り痕のシャープさというか造形の妙に国宝たる所以を見てMmm…と感じ入った次第です諏訪湖がきれいに見える美術館で他にもピカソ、ルノワール、ルソー、藤田、デュフィなど展示していました。


お隣に北澤美術館があったので、ガレを中心とするコレクションを見て軽食の割引券をくれたのでケーキセットとクラムチャウダーを食べて、お土産になすの形のガラス器を買って記念としました。

(碌山館の入り口です)